無職でもお金借りれる

お金を借りられる条件〜無職でも大丈夫?

お金を金融機関から借りたいと思う場合、誰でも借りられるというわけではありませんね。申し込み条件に適っていて

知ってた?

かつ金融機関の審査に通らないとお金を貸してもらえません。申し込み条件は、個々の金融機関によって異なりますが、カードローンの場合は契約時の年齢が20歳以上で安定継続した収入が見込める方ならだれでも申し込めることになっています。貸す方としては、貸したお金をすべて回収したいわけなので、申し込み者に収入があるということは、原則必要になります。「原則」というのは、無職でも申し込み・借り入れが可能な場合があるからです。

 

まず、無職の人というと失業者、学生、専業主婦、親や闘病中の家族の介護などで外で働けない独身者、年金で生活している高齢者などが考えられますね。このなかで、専業主婦の場合は、自分に収入がなくても配偶者に安定継続した収入があれば、申し込むことができます。銀行カードローンなら三菱東京UFJ銀行、イオン銀行、セブン銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行などのカードローンです。消費者金融なら一部の中堅レディースローンで申し込みが可能です。

 

学生の場合は、アルバイトで収入があれば学生ローンに申し込みができますが、もし、働いていなくても仕送りなどで一定の収入がある場合であれば、借り入れることも可能です。年金のみで生活している高齢者の場合、年齢制限の範囲内であれば借り入れが可能な場合があります。年齢制限は65歳以下、70歳未満など金融機関によって異なりますので確認してください。年金受給のみで生活していても申し込みができるカードローンには、新生銀行の「レイク」があります。

 

無職の方の場合は、限度額も低く設定されますが、全く借り入れが不可能ということではないので、キャッシングを検討されているなら、一度金融機関に相談してみてください。

無職の主婦でもお金を借りれる?

今までに一度もカードローンを利用したことがないという方は少ないのではないでしょうか?カードローンは他のローンと違って限度額以内なら何度でも金融機関やコンビニのATMでお金を借り入れることができとても便利なので、過去に利用したことがある方も多いと思います。

 

また、カードローンの中には無職でもお金を借りれるというものもあります。お金を貸す方とすれば貸したお金は確実に回収したいわけなので、無職で収入がない人には借りるチャンスはない、無職でもお金を借りれるなんて言ううまい話はないと思う方も多いと思います。でも、実際に無職でも何らかの形で収入があればお金を借りることは可能です。

 

たとえば、自分は無職で収入がないけれど夫に安定した収入がある、これは無職でもお金を借りれる一つのケースです。

 

自分が無職でも配偶者に安定継続した収入があれば、返済は見込めるということで、金融機関の中には無職の専業主婦に貸し付けをするところも少なくありません。

 

ただ、限度額は30万円とか50万円とか低く設定されています。それでも、無職でもお金を借りれるわけですから、助かりますよね。さらに、銀行カードローンなら本人確認書類だけで契約ができます。

 

消費者金融の場合は本人確認書類のほかに配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類の提出が必要になってちょっと面倒ですが、銀行カードローンに比べると審査は緩めというメリットもあります。

 

無職の専業主婦が借りれる銀行カードローンは三菱東京UFJ銀行や楽天銀行、イオン銀行、ジャパンネット銀行などが販売しています。借入を検討している専業主婦の方はチェックしてみてください。

私が主人に内緒でお金を借りた体験談

主婦

私は独身の頃からお金の管理が下手で、給料日前にはいつもピーピーしていましたが、結婚して専業主婦となった今でもあまり変わりません。

 

主人からもらった生活費で足りなくなることもしばしばで、追加でお金を入れてもらいます。でも、たびたびお金の話をするのも気が引けるので、いろいろ考えた末、内緒でカードローンの申し込みをしてお金を借りました。

 

専業主婦でも借りれるカードローンがあることは前から知っていたのですが、ちゃんと返済できるかどうか自信がなかったので、詳しく調べたことはありませんでした。でも、返済が月々3000円からでいいというのがわかったので、これぐらいなら返済できるだろうと思って思い切って申し込んでみました。

 

私が申し込んだのはイオン銀行のカードローンで、ほかの銀行に比べると金利が低かったし、専業主婦に対する限度額が高かったというのが選んだ理由です。

 

それとイオンなら主婦に対してやさしいのではないかという勝手な思い込みもありました。ちょっと面倒だと思ったのは、イオン銀行に口座がないとカードローンの申し込みができないという点ですね。

 

口座を開設するのも、近くにイオン銀行の店舗がないので、郵送されてくる申し込み書に記入して返送して、それからまた数日してからやっとローンカードが送られてくるという具合です。急ぎでローンカードを作りたい専業主婦の方には向いてないと思います。

 

あと、私が知る限りで専業主婦でも借りれるカードローンは三菱東京UFJ銀行やジャパンネット銀行や楽天銀行、ソニー銀行新生銀行のレイクなどです。

 

消費者金融だと大手はどこも専業主婦には貸してくれないみたいです。それに、消費者金融で借りるときは「配偶者の同意書」というのが必要らしく、内緒で借りれないのでちょっと都合が悪いです。消費者金融は金利も高いですしね。専業主婦ならやっぱり銀行のカードローンの方がメリットが多くていいんじゃないかなと思います。

更新履歴